60歳からのピアノ♪

Welcome to my blog

Categoryシニアのピアノ 1/12

2つの対照的な「人生の最期」

向かいのお宅のご主人様が他界。コロナ禍で家族葬だったので、お線香だけあげさせて頂きました。奥様とお話をして、とても「素敵な旅立ち」だったことがわかりました。こんな最期だったそうです。ご主人様は、ホロヴィッツの弾くピアノ曲がお好きでした。病室にCDプレイヤーを持ち込み、ご主人様の耳にイヤホンをあて、ホロヴィッツを聴かせてあげた。二つあるイヤホンの一方は、奥様と息子さんが代わる代わる耳にあてて一緒に聴い...

  •  0
  •  -

「18年間」教えた生徒さんとのお別れ

60代で、まったくの初心者からピアノレッスンを開始したMさん。ピアノを楽しみ、お仲間と交流を楽しみ、いつも笑顔のMさん、根を詰めて一生懸命に練習するタイプでした。 コロナ禍……外出を控え、家で「食」を楽しんでいたらコロナ太りとなり、ある日、目の奥にパーンと花火が散りました。検査すると……動脈硬化。動脈の血管が硬くなり、心臓で詰まったり(心筋梗塞)、脳で詰まったり(脳梗塞)が、「いつ起こってもおかしくない」...

  •  0
  •  -

シニアコンサートでの「演奏順」は?

昨日は、第82回―60歳からのピアノコンサート♪ところで、シニアの演奏順はどう決めていますか?プログラムの無い気軽な「弾き合い会」なら、弾きたいと思った人から、「は~い!」と挙手して演奏。(グズグズしていると、トリになってしまう)13人以下なら、トランプのカード、1~13(人数分)を用意し、引いてもらう。引いた番号が、演奏順。「1」や「最後」を引いた人はキャーキャー言って盛り上がる。子どもの発表会なら、「年齢の...

  •  0
  •  -

2022年2月22日2時22分のコンサート

ブースター接種しても感染するけれど……まん延防止措置も延長されたけれど……コンサート開催。入館時やピアノ演奏前に手指消毒、椅子と椅子との間隔を広くとり感染対策を万全に。二酸化炭素測定器も持参。午前中に別団体が使用したとかで、最初は900ppm。このまま開演しては1000ppmを超えそうなので、寒いけれど、非常ドアを開けて換気。あっという間に600 ppm位に低下。ドアを閉めて、60歳からのピアノコンサート第81回がやっと開演...

  •  0
  •  -

中国で出版された『趣味で楽しむピアノ・レッスン』

中国語に翻訳された『趣味で楽しむピアノ・レッスン』が、厚いテキストとなって中国で出版されました。1~3巻の後に、中国の曲が入っています。↓これは、 日本語では「晴れたる 青空~」? 15年くらい前に、イタリアで開かれた世界音楽教育学会に行ったとき、「あなたの国には、60歳以上でピアノを楽しんでいる人はいますか?」と、色々な国の人に質問したことがあります。すると、アメリカ・イギリス・オーストラリア等からの...

  •  0
  •  -