60歳からのピアノ♪

Welcome to my blog

Category考えたこと 1/6

アベノキモチ #国葬

安倍元首相の国葬が決定。反対の人、賛成の人、色々な意見があります。 いったい、安倍さん自身は、天国でどう思っているでしょう?「アベノ気持ち」を考えてみました。「僕の葬儀のために、膨大な金を使うのなら、それを、国民のために使ってください。コロナ禍で倒れそうなお店、職を失った人々……そんな人々の支援にお金をまわしてください。僕は、生前、「桜を見る会」「森友問題」など自分の票集めや、「アベノマスク」など役...

  •  0
  •  -

最後の瞬間まで音楽を……

「敬愛するバッハやドビュッシーのように、最後の瞬間まで音楽を作れたら……」これは、大腸がんステージ4を公表した坂本龍一さんの言葉です。「ドビュッシーDebussy」と「坂本龍一」を比べてみたら、似ていました。Debussy……幼少期からピアノを習い、10歳でパリ音楽院に入学。坂本龍一……3歳からピアノを習い、10歳で作曲を学び始めた。Debussy……『もう家がない子供たちのクリスマス』という曲を作曲している。坂本龍一…『戦場のメ...

  •  0
  •  -

価値観は変わる

子どもの頃、たくさん咲いていた庭の薔薇にも、ましてや道に咲いている花に、「美しい」なんて感じたことはありませんでした。それが最近は、わざわざ花を見に行ったりする私。 桜の季節になれば、その下を歩いてみたり、 チューリップを見に(安曇野は行けないので)近所の公園に。先日、東京文化会館の利用料を納めに上野へ。用事が済んだ後、あのパンジーのその後をチェックしに、物好きにも池まで。ああ、こんな状態になったの...

  •  0
  •  -

「中学生まで」は、全国大会いらない?

・小学生の柔道の全国大会が、廃止になったとか。・陸上オリンピアンの為末大さんも、こんな新聞での提言 ・内容をピアノに置き換えて読むと、とても考えさせられたので、そんな発言の数々を抜粋してみます(一昨日の新聞より)。・「若年層レベルの全国大会が多く……結果的に伸び悩むケースもたくさん見てきました」速い段階で勝つことが、必ずしも正しいとは限らないのです」・「どうしても日本一には権威があり、指導者は憧れる...

  •  0
  •  -

心からピアノを楽しむことに、少し躊躇

「自由」や「平和」という言葉は知っていたけれど、紙の上での言葉。「当たり前」に、手にしているもの。これまでは、そんな風に捉えていました。 それが今、テレビ映像を見ると、学校も病院も爆撃!子どもでも妊婦でも誰でも殺してしまう狂気!戦車、爆弾、戦闘機など……戦争ドラマのセットやロケかと錯覚。……でも、現実!3.11大震災でも、家庭や命が奪われたけれど、相手は「自然」。ところが、ウクライナ人の生活や命を奪うのは...

  •  0
  •  -