Welcome to my blog

「吉村知事のようなピアノ教師」 でありたい

 「総合的に判断する
……なんと怪しげで、うさん臭い言葉でしょう。

就職で、「経験も能力も高いオバサン」を落として、
「若く可愛い子」の方を選ぶ場合、
「年齢性別で差別してはならぬ。」という原則に触れるといけないので、
こう言います。
「様々な観点から、総合的に判断した。」

政府は、何かを決める場合、
 「自分の政党に有利なので……」
 「次の選挙のことを考えて……」
 「お金を出したくないので……」
など本当の理由を、表立って言えないとき、こう言います。 
総合的に判断した。」

感染拡大の4つの段階や、6つの指標を細かく作っておきながら、
「レベル4になったら、緊急事態宣言を出しますか?」
の質問には答えず、
「様々な観点から、総合的に考えて……」などと答える政府。
ずるさ、見え見え。

その点、吉村知事は、「具体的な数値」を示してくれるので信頼できます。
「この指標が〇名になったら、
通天閣のライトアップが緑になって、
自粛要請を解除します」

こう言われれば、誰でも解りやすく、
じゃあ、頑張ろう!」という気持ちになれます。


感性・フィーリング・センスなども関わるピアノですが、同じでは?

例えば、
「音の高さ・長さ・音楽記号の3つが、正しく弾ければマルにします」
「ノーミスで3回弾ければ、マルにします」
「ミスは構わないので、音楽的に『こう伝えたい』というのが感じられればマルにします」
など、具体的な指標や、マルになる数値を明確に示してくれるA先生。

具体的な指標を示してくれず、
うーん、総合的に考えて、マルにします」
という感じのB先生。

がいたら、ぜったいA先生の方が、生徒さんも「頑張ろう!」という気持ちになれるはず。

吉村知事のようなピアノ教師」でありたいと思いました。


sharp.jpg
シャープのマスクが当たったけれど、今ごろ届いても……

コメント 0

Leave a reply