Welcome to my blog

ピアノ教師と機械

12の鍵盤(7つの白健、5つの黒鍵)を使って、
いかにして素敵な音楽を紡ぐか?
……を教えるのが、ピアノ教師。

したがって、「パソコン、IT、機械には弱いんです」
……とおっしゃる先生もいて当然。


コロナ禍でオンラインでの「シニアピアノ教育プロフェッショナル講師」の認定試験を、どのように行うか?

……を考えるため、先日の第2回セミナーでは、
受講の先生方にパソコン状況を伺いました。
パソコンでの文字入力は、
1本指で、初心者レベル
両手で打てるけれど、遅い
ブラインドタッチで打て、速い!
……など、様々。

レッスンはオンライン、保護者との連絡はライン、講座はZoom……という時代、
どんなに素晴らしいピアノ指導ができても、
あまり機械オンチでは、困るかもしれません。

しかし……
機械に強く、入力スピードは超速くても、
ピアノ教え方が下手では、もっと困ります。

ピアノ教師というのは、
12の鍵盤は……巧みに操れ、
パソコンキーボードも……そこそこに操れる。
位がよいのでしょうか。


とにかく試験は、
パソコン操作の上手下手が、点数に影響しないように考え、
公平性を担保したいと思います。
しかも昨年度までの認定講師に比べて、が下がらないよう……。

大学や高校で、入試をオンラインにするところもあるとか。
実施する側も、受ける側も、心配が尽きません。
でも今の感染状況では、他に方法もなく……。

ああ、この信じられない状況が、早く終わりますように。


corona (2)


コメント 0

Leave a reply