60歳からのピアノ♪

Welcome to my blog

突然ですが、引っ越しました

まだ最低限のものだけ、壁紙も装飾も「とりあえず」という状況ですが……
引越しました。

新しいブログの住所は、下記です。
https://60piano.jp/wp/

ブックマークやリンクを張ってくださっている方は、直していただければ幸いです。

少しずつ、読みやすくできればと思いますので、
引っ越し先でも、どうぞよろしくお願いいたします♪

soba4.jpeg
どうぞ♪ (引っ越しそば)

第三者による不正を検知 ~クレジットカード~

「第三者による不正の可能性を検知したため、お止めしました

というメールが、クレジット会社から届きした。

とか何とか言って……クレジット情報を盗もうとする詐欺では?
私、ひっかからないから!

と、無視していました。


ところが、FC2(このブログサービス)から、
「有料プラン延長の引き落としが、出来なかった。
カード無効』などの理由が考えられるので、改めて、登録手続を。」
というようなメール。

えっ? あのクレジットカード会社からのメールは、本物だったの?
詐欺ではなくて……。

というわけで、カード会社への対応を済ませましたが、
このブログ、引きつづき使えるでしょうか?

0211.png

最近、何かと「ゴタゴタ続き」です。

ニューヨークの先生、日本の先生、つながる  /教材セミナー

ニューヨーク市のシニアピアノの状況
これは、本日のオンライン研究会で、
アメリカから参加されたNaoko先生による「事例発表」のタイトルです。

ニューヨークも、日本同様に「少子化現象」がすすんでいること。

ニューヨークの「高齢者センター」では、
様々なプログラムが開催されていますが、
なんと、すべて無料!!

連邦政府の高齢化対策局から地域高齢者局に資金が出ていて、
講師料などもそこから出るとのこと。

NewYork.png

沢山のプログラムには、もちろん音楽講座もあります。
シニアのピアノ」は、シニアセンター・引退教職者文化教室・音楽教室・大学コミュニティ講座などで開かれ、なかなか盛んだったとのこと。

それが、コロナ以降……
公衆衛生の規制が強化され、
シニア向けピアノクラスは、たった5箇所になってしまったとのこと。
ああ。。。。。(絶句)

アメリカのシニア向けの教材ピアノ教室の情報もお聞きすることができました。

なかなか聞けないお話、参考になることがいっぱいの報告、
とても実りある時間となりました。
(40人位のご参加でしたが、私達だけで聞くのは勿体ないくらい)

内容が興味深かったのか、終了後も質問が出て、それにNaoko先生が答え……。

日本各地の先生方だけでなく、ニューヨークの先生ともつながれて
ご一緒に、有意義な時間をもてるなんて……
Zoomならではの研究会でした♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~
もう1つ、教材研究のコーナーが新しくなりました。

各教材の進め方は、全員が「指導者養成セミナー」で学んでいます。
でも、その時と今とでは「聞き方」が変わるのでは!
あの時はピンと来なかったことも、教えている今はすごく納得かも!

ということから、1巻ずつ、また教材セミナーをすることに。
ただ違うのは、プレゼンが私ではなく、その巻を教えたことのある会員の先生がすることです。

その曲で、ぜひ押さえてほしい「ポイント」を予めお伝えしておきます。
それは押さえつつ、各先生の経験・工夫も加えてプレゼンしていただきます。
パワーポイントに、ご自分のレッスン風景の動画貼りつけなど、大歓迎!

本日は、Chie先生がプレゼンしてくださいました。
折ったA4用紙に音符を書いてのリズム練習など、楽しいアイディア満載!
ちょうど入会者がいて、第1回目のレッスンの様子を動画に撮ってパワポに貼ってくださったので、とても参考になりました。
撮影許可を生徒さんにいただこうとしたら、 
「記念になるので、ときどき撮ってください」とのこと。

ピアノを教えていると、パワーポイントを作る機会も、プレゼンの機会も、普通ありません。
それなのに、パワポを難なく操作して、落ち着いて話され、素晴らしかったです!

さらに、準備の過程で、色々な気づきや、もっとこう指導したら……など様々な収穫があったとのお言葉。……頭が下がります。

レッスン実践された先生は、ぜひプレゼンに挑戦してみてください☆

ピアノ教師殺人事件  人ごとに思えません

自宅でピアノを教えていた冨田小雪先生(64)が、
何者かに首を切られ殺害されたとのニュース。
生徒とみられる男子中学生も、怪我をされたとのことですから、
ちょうどレッスン中だったのでしょうか?

愛媛県今治市のピアノ教師殺人事件のニュースです。
「とても穏やかな先生でした」
などとご近所の人が言っている映像も、テレビで流れていました。

レッスン中に殺されるなんて……怖くなりました。

人ごととは思えません。

逃亡中の犯人、早く捕まりますように……

kiku.jpeg

新卒のピアノ講師がいないんです ~量より質に

「大きくなったら、何になるの?」
と聞くと、
ピアノの先生(^^) 」
などと答える女の子も、以前はいたものです。

何か夢があって良いイメージを持っていたのでしょうか。


先日、ある楽器店の方が、嘆いていらっしゃいました。
「最近、新卒のピアノ講師が、まったく入って来ないんです。」

音大を卒業しても、「ピアノを活かした職業」にはつかず、
一般企業に就職する人が多いと聞きます。

なぜ?

高度成長期……
週5日びっしり仕事すれば、ピアノ講師の収入で十分に生活できました。
ご主人を早く亡くしても、ピアノ教室の収入で子ども達を立派に育てられました。
好きなことを仕事にして、OLより自由がきいて、魅力的な仕事に見えました。

それが今……
少子化で楽器店講師の稼働時間は減り、週1,2日の人も。
「今、東京藝大を出ても、卒業後、コンビニでバイトしている時代なんです」
と内部の方から聞いたことも。
一般企業の正社員に比べれば、収入や保証などで確かにハンディが。  

また、以前は……
結婚すると寿退社して、専業主婦として家事育児をする人が多かったものですが、
今は……
結婚後、女性も仕事をずっと続け、男性も家事育児を平等にして(育休もとれ)、
という風潮に変わってきました。 

そんなことから、「新卒で、一般起業の正社員」になろうという選択も納得です。


でも、
でも……、
音楽は、絶対に人間に必要なもの。
だから、決して世の中から無くならないはず!

なら、ピアノ教師も絶対に必要だし、
決して世の中から無くならない仕事のはず!

本当に好きでヤル気があって、指導力のあるピアノ教師」少しだけが残っていくのでしょう。
量より質になること……それは、生徒さんにとって、むしろ良いことなのだと思います。

2kamo.jpg