60歳からのピアノ♪

Welcome to my blog

Category研究会 1/3

ニューヨークの先生、日本の先生、つながる  /教材セミナー

「ニューヨーク市のシニアピアノの状況」これは、本日のオンライン研究会で、アメリカから参加されたNaoko先生による「事例発表」のタイトルです。ニューヨークも、日本同様に「少子化現象」がすすんでいること。ニューヨークの「高齢者センター」では、様々なプログラムが開催されていますが、なんと、すべて無料!!連邦政府の高齢化対策局から地域高齢者局に資金が出ていて、講師料などもそこから出るとのこと。沢山のプログラ...

  •  -
  •  -

ピアノ指導法も、人に伝えてこそ深まる

レッスン法を学ぶことも大切ですが、それを、他の先生に伝えると、もっと深まり、確実なものとなっていく。というわけで、実際にレッスンをされた先生が、1巻ずつプレゼンしていくことに。予め伝えてあった「各曲で伝えてほしいポイント」などを基に、ご自分なりの経験談やレッスンアイディアも加え、レッスン法をご紹介するのです。昨日は、東京芸術センターのピアノラウンジ「リスト」で、研究会。この日は、『趣味で楽しむピア...

  •  -
  •  -

最初からあきらめない! 教えてもらって「挑戦」する先生方

爽やかな日曜日の朝、研究会のため、東京文化会館に向かいました。シニアに教える身としては「決して自分が感染源になってはいけない」「まだ我慢……」と、会場での参加は控えぎみでしたが、最近、1回ごとに参加者が増えてきました。ああ、コロナ前に戻ってきた。。。そんなワクワクの気持ちで会場に向かいました。 さて内容。先日、先生方から頂いた「活動状況」報告で最も多かった悩みが、コロナの影響か「生徒募集」でした。そこ...

  •  -
  •  -

「教室」以外で、ピアノを教えたい場合

ピアノを教える場所は……「自宅のピアノ教室」や「大手音楽教室」が多いと思いますが、「カルチャーセンター」や「公民館」で教えている先生もいます。特にシニア世代の場合、そのような施設はハードルが低いのか、応募も多いようです。また、施設側が「生徒募集」や諸々をしてくださるので、先生は「指導」のことだけ考えていられます。さて、そのような施設で「ピアノを教えたい!」と思ったとき、どうすればいいのでしょう?たと...

  •  -
  •  -

シニアレッスンの工夫や知恵を「シェア」しあう

本日は、第18回日本シニアピアノ教育研究会(オンライン)。内容をご紹介いたしましょう。教材研究:『趣味で楽しむピアノ・レッスン レパートリー』より“さくら貝の歌”“ムーンリバー”の指導ポイントなど 事例発表:『シニアピアノ 個人レッスンから見えてきたこと』アニメーションも使ったなかなか凝ったパワーポイント。そして、前回よりずっと落ち着いて話され、すごく聞き取りやすいプレゼンでした。内容が充実していて、素...

  •  -
  •  -